可愛く形が良くて大きい旨をキープする為にナイトブラを使うという選択肢

ナイトブラのメリットが大きすぎる!その3つの魅力とは

ナイトブラを使って寝る事によって胸は大きくなると言われていますし、形もよくなります。ナイトブラを使ってどのような効果があるのか解説をしていきます。久しぶりの健康診断です。健康には自信がありますが、歳なのか一昨年位からポツリポツリとなにかしら引っかかる項目が出てきたので少し緊張します。出産後、今の会社に再就職して4回目の健康診断なのですが、最近は忙しくて自分の下着はおろか服も着回しが多いので、健康診断に着ていく服にこまりました。男性ありきの職場なので常勤の女性は私一人なのです。
健診は会社に健診車が来るタイプで、私以外は全員男性でした。だから浴衣みたいな健診服には着替えずにTシャツと金具のついていないパンツスタイルで健診を受けます。
下着も置いて歩けないので、つけておいて健診ごとに脱いだり付けたりという感じです。

ところで、下着にもはや無頓着な生活なもので手持ちのナイトブラがワイヤーもない楽ちんなブラトップタイプの物しかなく、その中で一番の新品を探し出して付けていきました。
まずはレントゲンでナイトブラを外す事になりましたが、健診して下さる方も全員男性です。気を遣ってか
「レントゲンだけなのでナイトブラのホックを外すだけでTシャツは脱がなくて結構ですよ」と言われても残念ながらブラトップ型なので、「かぶるタイプなので脱ぎます」という事になりました。ホックタイプのナイトブラなんかもう何年もつけてないし。
とにかくTシャツもナイトブラも外すという恥ずかしい事態になりました。レントゲン中は誰かが見ている訳ではないですが、カーテン一枚でその向こう側には職場の仲間(男)が並んでいるのでカーテンが開いたら最悪です、何しろ上半身裸ですから。
もはや健診してくれる男性はどうでもよく、とにかくカーテンが間違って開かない事を祈りました。
次は心電図、これは一人一人が車に乗り仰向けになって冷たいパットを貼られて測るので、ブラトップ型のナイトブラでもたくし上げて問題なしでした。

ナイトブラをして胸をキレイに大きく!

ほっとしたのもつかの間で、次は胃に検査です。発泡剤とバリウムを飲んでグルグル回るあれです。

そこでは今度は「ナイトブラは金具のついていないタイプでしたらそのままどうぞ」と言われたので、これは良かった、さっきのハラハラはもう嫌だわと思い、指示された通りに発泡剤と水を飲み、バリウムを飲み、「絶対にゲップをしないで下さい!ゲップしたらやり直しですよ」と言われて、絶対にゲップをしない様に気をつけて台に乗りました。

立った状態から右を向いたり左を向いたりして、グルグル回され、頭が下になったりいろいろやってがらうつ伏せになったところで、いきなり健診して下さる方が「あれ?ナイトブラ金具ついていませんか?」と言いだしました。頭が下がった感じでうつ伏せでその上ゲップを我慢しているので言葉にならずにいると、「金具がついてそうですね、肩紐の調整する金具、ついてないですか?」って言うじゃありませんか。
確かにブラトップ型だけど肩紐部分は紐調節が付いてるかもな、と青くなりましたね。ホックの事しか考えていなかったので肩紐の調節金具なんて存在を忘れていましたし。

「とりあえずどーしようかなあ」と頭が下がったうつ伏せの状態のまましばらく沈黙があり、「でも一応撮り終えてみますね」と言われてやり直しは免れました。
ナイトブラのせいではないけど、今日の健診はこのナイトブラに振り回された気がします。

実際にナイトブラは良質な物を使って睡眠をとる事で非常に良い影響を胸にも与えてくれると言われています。

参考サイト⇒ナイトブラおすすめランキング-night-bra.net

このように、ナイトブラの専門家もその効果は推奨しており、ナイトブラの重要性が分かるでしょう。

ナイトブラにはワイヤー入りとノンワイヤーのナイトブラがあります。それぞれ人によって好みはあると思いますが、私はノンワイヤーの方がつけやすくて好きです。
ノンワイヤーの良いところはつけた時にきっちりとした感じがないので、胸元が窮屈に感じない事が一番だと思います。つけていても苦しく無いので、仕事や行事などで体を動かす事があった時にも動きやすいと思います。

」ワイヤー入りの物だとキッチリしているので、物によっては胸の下の所が締め付けによって赤くなる事もあります。赤くなると痒みや痛みが生じる事もあって大変です。

ワイヤー入りのナイトブラで一番困ることが、使用をしていて、洗濯を繰り返すと破れて中のワイヤーが出てくる恐れがある事です。胸の谷間部分の上の所からワイヤーが出てくる事が多いです。この部分が胸に当たるとすごく痛くて大
変です。布の中に押し戻そうとした事もあったのですが、時間が経ったらまたすぐに穴からワイヤーが飛び出て来るので意味がありません。

穴を自分で修繕した事もありましたが、1回穴が開くとまたすぐに破れてしまうので捨てるしかありません。捨てて別の物を購入する方法を取れば良いじゃ無いかと思う人もいるかもしれませんが、回数もそんなに使用してないうちから破れてしまうと勿体ないと感じてしまいます。

ワイヤー無しのタイプだったら生地の破れが生じない限り使用できるし、つけている時に穴が開いてワイヤーが飛び出してくるという危険性も無いので安心してつける事が出来ます。長持ちもします。私も今使っているノンワイヤーのナイトブラの中で、購入して5年以上経っているけどまだ問題なく使用できている物もあります。
一見ノンワイヤーのナイトブラは利点ばかりのようにも見えますが、難点もあります。それはワイヤ入りの物に比べて種類が少ないということです。特に上のカップ数になればなるほど種類は少ないように思います。胸が大きい人はワイヤー入りのピッタリ固定できる方が良いという事もあって取り扱いが少ないのかもしれません。でも自分が好きなデザインがあってもサイズがないから買えないというのは非常に残念に思います。結局サイズが合う物を選ぶしか無いのです。
ナイトブラが胸にピッタリした方が良いという人にはノンワイヤーは向かないと思います。ワイヤー入りの物よりはずれやすいという事もあるので、ずれるのが嫌な人はワイヤー入りを選んだ方が良いかもしれません。
ノンワイヤーとワイヤー入りを作った経験上、自分的にはノンワイヤーの方が好きですが一番良いのは、時と場合によってそれぞれを使い分けるという事かもしれません。

自分の胸に自信がないために偽装した結果ナイトブラの重要性が分かった

私は30代の女性です。私は思春期の頃から胸が小さくそのため女性としての自信がありませんでした。女性としての自信がないため男性とのお付き合いに対しても抵抗感があったのです。また、そういった感じで胸に対するコンプレックスもあったことから下着、特にブラジャーを購入する上で非常に恥ずかしい思いをしておりました。
私は自分の胸へのコンプレックスから普段からパッドを多めに入れていたのです。パッドを多く使用することで自分の胸を大きめに見せていたのですが、パッドでの補正であるため女性が見るとすぐに分かるような状態でした。そのためブラジャーを購入するにしてもお店の人にあまり見られたくないということもあり、すぐに自分で選んで購入していたのです。しかし、ある日同じようにブラジャーを購入しに行き、すぐさま選んでレジに行ったのですが、店員の方にそのブラジャーでは大きすぎるのではないかと指摘をされてしまったのです。私は自分が見栄を張って購入しようとしたことがばれて恥ずかしいと思う気持ち以上に、自分の胸の小ささがばれている、つまり偽装していることがばれていることに恥ずかしさと自分の愚かさを痛感したのでした。自分の偽装がばれたことで私は自分が如何に自分の体型にコンプレックスを持っているかを店員の方に指摘されたような感じでその場から逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。しかし、逃げることもできず店員に言われたことに対し反論もできないことからサイズを間違えておりましたと言い、1サイズ小さなブラジャーを持って行きそのブラジャーを購入したのです。私は今回のような出来事があってからお店でブラジャーを購入することがこわくなり、現在は通販でブラジャーを購入するようになりました。もちろん見栄を張らずに自分のサイズにあったものを購入するかもしくはパッドを入れておりそのため大き目を購入したいと言えればいいのですが私にはそのような勇気がありません。自分のスタイルに自信のある人にはなかなか分かってもらえないことではありますが、胸に対してコンプレックスを持っている人であれば多少理解してもらえると思います。私は現在胸へのコンプレックスをなくすべくあえて胸の小さいことによるメリットをひたすら考えるようにしております。それにより自分のスタイルは悪いことばかりでないと考えるようにし、自分を認めることに取り組んでいるのです。自分を認めることができれば必ずコンプレックスは解消できると考えております。

ナイトブラの大切さがわかりました。

私のコンプレックスとブラジャーの重要性を解説

私は胸にかなりのコンプレックスがあります。コンプレックスを感じ始めたのは中学生の頃です。小学生くらいから膨らみ始めましたが、この頃は大きくなるのが恥ずかしくて、膨らんでくるのが嫌でした。
中学生になり、周りを見ると胸が大きい子にちらほら目がいくようになりました。ここで、あれ?私はみんなより小さいのかなと感じました。体型もやや痩せ型だったので、まだ大きくならないのかなくらいに軽く思っていました。
高校生になった時には、自分の胸がぺちゃんこのことにかなりのコンプレックスを持っていました。体型も少しふくよかになったのに、胸はほどんど変わっていません。よく考えると、私の母も胸はありません。ここで遺伝だ!とやっと気づきました。そこから、マッサージしてみたり、胸筋を鍛えるべく腕立てや体操をするようになりました。しかし私が思っているような効果は表れませんでした。何度雑誌の広告に載っていたバストアップサプリ、吸引して大きくする機械を購入しようと思ったか分かりません。豊胸の記事を読み、豊胸手術ができる病院を探したこともあります。私のコンプレックスはここまで大きくなっていました。胸が大きな友人はそれはそれで悩みがあるらしく、私の胸を見て、コンパクトでいいなあと言っていましたが、私は大きな胸の友人が羨ましかったです。自分が胸がないので、大きな胸にはつい視線を送ってしまいます。
バストアップにはきちんとサイズのあったブラジャーが必要だと雑誌で読み、お店でサイズを測ってもらって購入しました。ここでも小さい胸のため、恥ずかしかったです。胸が大きければ、堂々と買いに来れるのにと思っていました。
こんな風に胸にはかなりのコンプレックスがありますが、そんな私にも意地があります。それは可愛いブラジャーをつけること。そして必ず上下同じものを揃えて身につけることです。胸が小さいのは仕方がない。少しでもテンションを上げるために、誰かに見せるためではなく、自分のためにお気に入りのブラジャーをつけようと決めています。外からは見えないけど、気持ちも持ちようだって違います。背筋が伸びます。またタンスを開けた時も、お気に入りのブラジャーで揃っていてば、嬉しい気持ちになります。サイズは小さいブラジャーが並びますが、それも可愛いのかなと時々思えてきます。でももし害はなく胸が大きくなることができる薬が開発されたら、迷うことなく大きくしたいです!

案外間違えた認識でつけているナイトブラジャー

ブラジャーというのはサイズ表記と実際の自分の胸のサイズが合っているのか分かり辛いものです。アンダーサイズとバストトップを測って数値通りの下着をつけてもいまいちしっくり来ないこともあります。また試着してみて違和感がなければそれが自分のサイズだと思いがちだけれど、フィッティングで店員さんに合わせてもらうと思っていたサイズと全く違うこともあります。また正しく着けていない人の場合周囲に脂肪が流れてしまっているので、体に合ったサイズのブラジャーを着けることでサイズアップすることもあります。
若い頃はブラジャーはデザインで選んでいましたし、正直どれをつけても胸の形はきれいでした。でも30歳を過ぎてくると合わないブラジャーを着けていると、形が崩れたり、サイズダウン、バストトップも下がってしまいます。胸の位置が低くなるとそれだけでも老けて見えてしまうので、体にフィットした服も怖くて着れなくなってしまいます。メーカーものの高い下着なのに、それでも胸をちゃんとホールドしてくれないのかとがっかりしたものです。
それから自分の体に合ったブラジャーを着けるようになりました。自分で選ぶ時に大切なポイントは、バージスラインを合わせるということです。胸って人によって形が違いますし、胴回りのサイズも違います。バージスライン、つまり胸の下のラインが合うブラジャーを着けると、無理なくバストが整うようにもなります。
幸い良いブラジャーに出会うことができたので、それからはずっと同じメーカーのものを付けています。ただ油断しがちなのが、洗濯を繰り返すことでブラジャー自体のサイズが変わってしまうということです。丁寧に手洗いをしていればまだいいですが、気軽に洗濯機で回していてはすぐにアンダーのベルトや肩紐は伸びてしまいます。購入した時は胸を包み込んでいたはずのブラジャーも、洗濯するごとに状態が悪くなってしまいます。
今の下着は洗濯にも強いですし、そう簡単に使えない程ボロボロの状態になることはありません。そのためブラジャー自体の寿命が来ていることに気付かずに使い続けてしまいます。すると結局胸の形を崩してしまうことにもなりかねません。ブラジャーを着けていても、体にしっくりと合わないなと感じるようになったなら寿命が来ていることも考えられますので、新しいものに適当に替えていく必要もありますね。新しいのを着けるとなお更、以前のブラジャーが寿命だったのかどうかもよく分かります。

きちんとサイズをはからないといけないナイトブラ

結婚して出産するまで同じサイズのブラジャーでずっと過ごせていたんですが、出産してからというものバストのサイズが良くわからなくなってしまいました。
出産後は赤ちゃんに母乳を与えていて、その時は授乳用のブラジャーを付けていました。
授乳用のブラジャーはワイヤーが入っていなくて、特に苦しい感じもなく・・・
それに慣れていたので胸を締め付ける感じがなく、ずっとつけておきたいなと思うほどでした。
でももう赤ちゃんへの授乳も終わって、そろそろ普段通りのブラジャーを付けないと思い、産前に身につけていたブラジャーを付けてみたんです。
でもやっぱり授乳してサイズが変わったのか自分のサイズに合っていなかったです。
授乳し終わった後の私の胸は以前とは違ってなんだか小さくなたように感じました。
やっぱりサイズの合わないブラジャーを付けていると胸にも負担がかかると思います。
また、自分自身を付けていてやっぱり違和感があって変な感じになるので、産後はまた自分のバストのサイズをはかり直して、新しいブラジャーを付けることにしました。
やっぱりきちんとサイズの合ったブラジャーを付けると気分も良いし、違和感がないので良いと思いました。
授乳前はワイヤーの入ってないブラジャーだったので、なんだかすっごく楽でした。
なので普通のブラジャーのワイヤーに慣れるまでちょっと窮屈に感じました。
また、授乳用のブラジャーはある一定の期間しかつけないので、ちょっとくらいクタクタになっても良いやと思って、何も考えずにお風呂の時に洗濯機に入れていました。おかげで結構ボロボロ感がありました。
でも普通のブラジャーはレースがあしらってあったり、ワイヤーが入っていたりするのであまり雑にしていると型崩れしてしまっても大変です。
もしかしたら本来なら手洗いをしたほうが良いのかもしれませんが、さすがに毎日ブラジャーを手洗いするほど時間も労力もかけらないので、そこまでは出来ませんでした。
一応気休め程度に下着用のネットを使って、それに入れて洗濯機で洗うようにしました。
ブラジャーは普通に洗濯機でガシガシ洗っていると結構ボロボロになってしまいます。
肩のストラップがビロンビロンに伸びてしまったりすることも多いので、最低限ネットに入れて洗うようにしています。
そんなに高い下着は普段から買わないですが、少しでも長持ちするために洗濯する時にも少し工夫したほうが良いと思いました。

年齢と共にブラジャーも変えなければいけないのは本当か

今まで私は下着に対してさほどこだわりがありませんでした。機能がどうだのあまり考えた事もなく、好きなデザインなどで選んでいました。
しかし、先日下着にこだわりを持たない訳にはいかないことが起こったのです。
私を後ろから見ていた会社の同僚が、背中の肉が段々になっていると指摘したのです。
そうです。あのブラジャーが背中の肉にヒモが食い込む現象が起こっていたのです。
「ぎゃー!」私は心の中で叫びました。
えぇ、自覚はありましたよ、背中に肉がついてきてるなって。摘まめる肉の量が増えてるなって。
でも、でもですよ、そんな人に指摘されるようなことになっているなんて。油断していました。 私はその日、家に帰るなりブラジャーを脱ぎ捨て「段々はお前のせいか!」とイケない言葉を使いながらゴミ箱に放り込みました。
次の休みの日、早速ブラジャーを買いに走りました。
今までデザイン重視で選んできた下着。しかし、今回は機能も備わったものでないとなりません。
私は下着売場で呆然としました。
選び方がわからない!ブラジャーありすぎて、どれがどうなのかサッパリ分かりません。
ここは店員さんにすがるしかありません。
店員さんが「先ずはサイズをキチンと計りましょう」と。
あぁ、私の今までの間違いが此処にも一つありました。
十年近く前にサイズを計ったきりでした。
良く考えればそうですよね。
年は重ねていて体形は少しずつ変わってきてるはずです。それをズボラな真似をして昔のサイズで買っていました。
何だかごめんなさい。誰に対してか分かりませんがごめんなさい。
サイズを計った後は店員さんに、背中の肉が段々にならない様なもの。そしてもう一つの悩み、スキーのジャンプ台のように急下降して、垂れ下がっている胸をアップさせたいことを伝えました。
試着室で待っている私に、店員さんが何種類かのものを持ってきてくれました。
なんということでしょう。・・・思わず言いたくなりました。
だってぇ、ブラジャーでこんなに違うなんて!今まで私は何をやっていたのでしょう。
有りましたよ、私の悩みに答えてくれるブラジャーが。
私はパットの入ったブラジャーはいつもパットをはずして使っていたのですが、垂れ下がった胸には入れた方が良いことが判明しました。
若い頃はパットは胸をアピールさせ過ぎる感じがして嫌だったのに…。
背中も段々にはなっていません。何だか姿勢まで良くなった様な気がします。
そして洋服を着てみると、体形がスッキリして見えるのです。
ありがとう店員さん。
ありがとうブラジャー。
そして段々肉を指摘してくれた同僚。あの時はコンニャローと思いましたが、貴方のお陰で新しい発見が出来ました。