ナイトブラのメリットが大きすぎる!その3つの魅力とは

ナイトブラを使って寝る事によって胸は大きくなると言われていますし、形もよくなります。ナイトブラを使ってどのような効果があるのか解説をしていきます。久しぶりの健康診断です。健康には自信がありますが、歳なのか一昨年位からポツリポツリとなにかしら引っかかる項目が出てきたので少し緊張します。出産後、今の会社に再就職して4回目の健康診断なのですが、最近は忙しくて自分の下着はおろか服も着回しが多いので、健康診断に着ていく服にこまりました。男性ありきの職場なので常勤の女性は私一人なのです。
健診は会社に健診車が来るタイプで、私以外は全員男性でした。だから浴衣みたいな健診服には着替えずにTシャツと金具のついていないパンツスタイルで健診を受けます。
下着も置いて歩けないので、つけておいて健診ごとに脱いだり付けたりという感じです。

ところで、下着にもはや無頓着な生活なもので手持ちのナイトブラがワイヤーもない楽ちんなブラトップタイプの物しかなく、その中で一番の新品を探し出して付けていきました。
まずはレントゲンでナイトブラを外す事になりましたが、健診して下さる方も全員男性です。気を遣ってか
「レントゲンだけなのでナイトブラのホックを外すだけでTシャツは脱がなくて結構ですよ」と言われても残念ながらブラトップ型なので、「かぶるタイプなので脱ぎます」という事になりました。ホックタイプのナイトブラなんかもう何年もつけてないし。
とにかくTシャツもナイトブラも外すという恥ずかしい事態になりました。レントゲン中は誰かが見ている訳ではないですが、カーテン一枚でその向こう側には職場の仲間(男)が並んでいるのでカーテンが開いたら最悪です、何しろ上半身裸ですから。
もはや健診してくれる男性はどうでもよく、とにかくカーテンが間違って開かない事を祈りました。
次は心電図、これは一人一人が車に乗り仰向けになって冷たいパットを貼られて測るので、ブラトップ型のナイトブラでもたくし上げて問題なしでした。

ナイトブラをして胸をキレイに大きく!

ほっとしたのもつかの間で、次は胃に検査です。発泡剤とバリウムを飲んでグルグル回るあれです。

そこでは今度は「ナイトブラは金具のついていないタイプでしたらそのままどうぞ」と言われたので、これは良かった、さっきのハラハラはもう嫌だわと思い、指示された通りに発泡剤と水を飲み、バリウムを飲み、「絶対にゲップをしないで下さい!ゲップしたらやり直しですよ」と言われて、絶対にゲップをしない様に気をつけて台に乗りました。

立った状態から右を向いたり左を向いたりして、グルグル回され、頭が下になったりいろいろやってがらうつ伏せになったところで、いきなり健診して下さる方が「あれ?ナイトブラ金具ついていませんか?」と言いだしました。頭が下がった感じでうつ伏せでその上ゲップを我慢しているので言葉にならずにいると、「金具がついてそうですね、肩紐の調整する金具、ついてないですか?」って言うじゃありませんか。
確かにブラトップ型だけど肩紐部分は紐調節が付いてるかもな、と青くなりましたね。ホックの事しか考えていなかったので肩紐の調節金具なんて存在を忘れていましたし。

「とりあえずどーしようかなあ」と頭が下がったうつ伏せの状態のまましばらく沈黙があり、「でも一応撮り終えてみますね」と言われてやり直しは免れました。
ナイトブラのせいではないけど、今日の健診はこのナイトブラに振り回された気がします。

実際にナイトブラは良質な物を使って睡眠をとる事で非常に良い影響を胸にも与えてくれると言われています。

参考サイト⇒ナイトブラおすすめランキング-night-bra.net

このように、ナイトブラの専門家もその効果は推奨しており、ナイトブラの重要性が分かるでしょう。

ナイトブラにはワイヤー入りとノンワイヤーのナイトブラがあります。それぞれ人によって好みはあると思いますが、私はノンワイヤーの方がつけやすくて好きです。
ノンワイヤーの良いところはつけた時にきっちりとした感じがないので、胸元が窮屈に感じない事が一番だと思います。つけていても苦しく無いので、仕事や行事などで体を動かす事があった時にも動きやすいと思います。

」ワイヤー入りの物だとキッチリしているので、物によっては胸の下の所が締め付けによって赤くなる事もあります。赤くなると痒みや痛みが生じる事もあって大変です。

ワイヤー入りのナイトブラで一番困ることが、使用をしていて、洗濯を繰り返すと破れて中のワイヤーが出てくる恐れがある事です。胸の谷間部分の上の所からワイヤーが出てくる事が多いです。この部分が胸に当たるとすごく痛くて大
変です。布の中に押し戻そうとした事もあったのですが、時間が経ったらまたすぐに穴からワイヤーが飛び出て来るので意味がありません。

穴を自分で修繕した事もありましたが、1回穴が開くとまたすぐに破れてしまうので捨てるしかありません。捨てて別の物を購入する方法を取れば良いじゃ無いかと思う人もいるかもしれませんが、回数もそんなに使用してないうちから破れてしまうと勿体ないと感じてしまいます。

ワイヤー無しのタイプだったら生地の破れが生じない限り使用できるし、つけている時に穴が開いてワイヤーが飛び出してくるという危険性も無いので安心してつける事が出来ます。長持ちもします。私も今使っているノンワイヤーのナイトブラの中で、購入して5年以上経っているけどまだ問題なく使用できている物もあります。
一見ノンワイヤーのナイトブラは利点ばかりのようにも見えますが、難点もあります。それはワイヤ入りの物に比べて種類が少ないということです。特に上のカップ数になればなるほど種類は少ないように思います。胸が大きい人はワイヤー入りのピッタリ固定できる方が良いという事もあって取り扱いが少ないのかもしれません。でも自分が好きなデザインがあってもサイズがないから買えないというのは非常に残念に思います。結局サイズが合う物を選ぶしか無いのです。
ナイトブラが胸にピッタリした方が良いという人にはノンワイヤーは向かないと思います。ワイヤー入りの物よりはずれやすいという事もあるので、ずれるのが嫌な人はワイヤー入りを選んだ方が良いかもしれません。
ノンワイヤーとワイヤー入りを作った経験上、自分的にはノンワイヤーの方が好きですが一番良いのは、時と場合によってそれぞれを使い分けるという事かもしれません。